当団体の広報誌、2021年1月号を発行いたしました

当団体の広報誌、2021年1月号を発行いたしました。今回、記事として取り上げたのは、年末、町のボランティア活動に参加していただいた鴨川市と銚子市の大学生の話です。

「自分の力を生かせる場所がある」と話す男子学生。鋸南町ではボランティア活動の経験のない人でもできるボランティアが、まだまだあるのです。

ボランティア活動を通じて学べるのは、被災だけではありません。現在、緊急事態宣言が発出される中、活動を自粛せざるをえない状況にありますが、当団体はさまざまな年齢層のボランティア参加を推進しています。

2021年1月広報誌

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)