復興ボランティアに関わってみて…

アクセラレーションの仲間として、新たにセンター支援活動へ関わってくださることになった方の、率直なお気持ちをご紹介します。

以下ご本人の文章を引用

台風…喉元過ぎれば熱さを忘れる…

ではないけれど、普段の生活に関りがありませんでした。ボランティアセンターに来てまず思ったのが、

まだ多くの人がボランティアを必要としていること。

さまざまな人の支援によって成り立っているのだと思いました。

ボランティア団体も、いろいろな組織があり、専門に「屋根」「カビ」など分かれていることも知りました。

また、火災保険加入はとても大事なことで、我が家の保険も見直す機会になりよかったです。

これから災害が起きたときに慌てないよう、学んでいきたいです。

鋸南町の復興のお手伝いに少しでもお役に立てれば、幸いです。

~~~

こちらの方は、ボランティアへ参加をしたことがなかったけれど、一緒に活動をすることにより、ボランティアへの興味をお持ちになりました。

中々運営支援という団体は、表立って目に触れる分野ではないので、それ故に何をしているのか分かりにくいかと思います。次回からは、アクセラレーションメンバーがなぜ運営支援団体を立ち上げ、どのような思いで活動しているのかについて、取り上げていきます。

Saso

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)